1月

  • 2009.01.06 Tuesday
  • 17:16
年末に届いた冬至梅が数日前から花を拡げ始めた。きっと部屋の温度が暖かいせいもあるのだろう。
元々自然の物なのだからアパートのベランダに置いても良かったのかもしれない・・

この正月は本当によく眠った。おかげで朝起きても今日が何日なのかも全く解らない位に同じリズムで5日間を過ごした。殆どテレビもつける事なく、ぼんやりとソファでうたた寝をし目が覚めれば風呂につかり、腹が減れば雑煮を食べながら酒を呑んで又寝た。そして5日間が過ぎた。
こういうのが規則正しい生活と言うのかしら。
変化があったとすれば、年末から私のアパートにやって来ている母親がうたた寝をする私に小言をいいながら勝手に動き回っている。
それでも昨年の夏に来た時の教訓を生かす為に今回はセ〇ムの解除の仕方も充分に教えた。
が、2日続けて早朝からけたたましい警告音と
「侵入者が居ます」と言う女性の声が部屋中に響き渡る。
飛び起きてリビングに行くと、操作盤の前でオロオロとこちらを見ながら笑っている母親がいる。
昨年と同じだ・・

年末に死神博士A、呑んだら恐い会計士A、熱血政治家I、小生恋をしていますのM男、上場会社のホスト社長Tとで「男だらけの忘年会」を開いた。ちなみに賢いカリスマ美容師Mと麻布十番の主Yは逃げた。
焼き鳥屋を出て皆でサウナに向かった。全員が全裸になりカラオケを歌った。サウナなのだから裸なのは当たり前の事だ。・・・しかしよく目を凝らして見るとどこか見覚えのあるお店だった様な気もする。
きっと気のせいだろう・・
カラオケで負けた、呑んだら恐い会計士Aが会計をした。泣きそうな顔をして支払いをしているのが可笑しかった。
十数年前(時効です)の正月に運ためしでと打った遊びの麻雀が正月だからと酒の勢いでインフレを起し、緊張感が張り詰めた明け方にTが国士無双を振り込んだ。
「はい。60万円ね」と言われた時の泣きそうなTの横顔を思い出した。男はこうして強くなるのだな・・アハハ

晦日に寒さの中ほろ酔いで出かけた井草八幡宮で引いたみくじは「吉」。
「吉」ならちょうどいいか・・・
新年の挨拶をかねてT鮨にでかけるとT鮨の主人が店に出ておられた。
T鮨の主人は長い間、膝を患い手術の為秋ぐちからずっと入院していたのだ。
私は職人のTさんに入院先を聞いていたのに結局見舞いにも行かなかった。
T鮨の主人は手術を終えたばかりの足をひきずってわざわざ私の座る席まで挨拶に来てくれた。
私は届いた賀状の礼を言って不義理を詫びた。

毎年手書きの美しい季節の花を描いた賀状が祖母の友人から祖母宛に届けられる。
今年もあの賀状は無事、祖母宛に届いたのだろうかとリビングのソファでぼんやりと考えていた。

又、困った様な1年が始まる。

スポンサーサイト

  • 2017.12.15 Friday
  • 17:16
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM